スタジオセンス

センスBlog

配管不要のダクトレスレンジフード

住まいづくり入門

キッチンで調理をした時に出るニオイや水蒸気を部屋の外に排出する役割を果たすのがレンジフード。レンジフードには大きく分けて2種類のものがあります。

ひとつは「プロペラファン」。いわゆる換気扇と呼ばれるもので、外部に面した壁にプロペラがついており、直接そのプロペラで排気するものです。

もうひとつは現在の住まいづくりでは主流の「シロッコファン」。シロッコファンのメリットは、ダクト(配管)を使って排気ができるところ。吸い上げた空気をダクトを通して外部に排気するため、外壁に面してなくても設置することが可能です。

そしてここ最近新しく出てきたレンジフードが「ダクトレス室内循環フード」

このレンジフード。その名の通りダクトを必要としません。室内循環フードに吸い込まれた油煙は 内臓された高性能なフィルターを通過し油煙を吸収。キレイになった空気が室内に循環される仕組みです。

メリットとして・・・
・ダクト配管の制約がないので設置場所が自由自在。
・空調エネルギーのロスを抑制します。
・排気穴がないので屋外の騒音がダクト配管を伝わって室内に入りません。
・花粉や屋外の汚れを室内に取り入れることがありません。
・排気穴を開ける必要がないので外壁が汚れません。
・計画換気の空気バランスを崩しません。

デメリットとして・・・
・高性能なフィルターなのでフィルターの交換時にコストが掛かります。

こちらが以前新築のお宅で設置させていただいたダクトレス室内循環フード。パッと見ただけでは普通のシロッコファンと見分けがつきませんが、循環口が付いているのが特徴です。

お隣の家が近かったこともあり、レンジフードから排出されるニオイを対策するために設置することになりました。

日々進化するキッチン周辺の設備。こういったアイテムを知っておくことで様々な問題を解決することにつながりますね。

センスBlog一覧ページへ >

スタジオセンス

〒753-0214
山口県山口市大内御堀六丁目4-15

Facebook Instagram line Youtube

TEL:0839345955

資料請求、お問合わせ

  • ペレットステーション
  • MADOショップ大内御堀店
  • 住宅診断
  • GAINA