読み込み中

スタジオセンス

センスBlog

低温過ぎる住宅の脱衣室温度

住まいづくり入門

今から6年前、住宅技術評論家の南雄三さんが調査した日本の住宅の脱衣室温度。下記がその調査結果です。ちなみに、この調査は山口県などが含まれる日本の中でも比較的温暖な地域で実施されました。

木造の暖房ありが14.4℃で暖房なしが12.3℃。暖房があってもなくても、2℃程度の差しかなく、いずれにしても寒い部屋であることがわかります。また、注目すべきは最低温度の低さで、木造でマイナス0.5℃。外気並みです。。。イギリスでは寒い家は基本的人権の侵略と考えられ、セントラルヒーティングで室温18℃未満の賃貸住宅は、改善・解体命令が出ると言われていますので、そのレベルから見ても話にならないレベルです。

次に断熱レベルによる脱衣室温度の違いを暖房なしの平均温度で読み取った結果が下記です。

次世代省エネ基準(1999年基準)「以下」は11.7℃、「同等」は14.7℃、「以上」は16.5℃。「以下」と「同等」で3℃、「以下」と「以上」とでは4.8℃の差がついているのがポイントです。

これらの調査結果から読み取れることは、日本の住宅の脱衣室の平均温度は13℃前後と低く、暖房を付けたとしても家の断熱・気密性能が低いと効果が薄いということです。逆に、家の基本性能を向上させることで、脱衣室の温度は大きく改善されることがわかります。

東京救急協会の推定では、浴室で亡くなっている人の数は約14000人。これは交通事故死者数4863人(2010年)の実に3倍という数字です。浴室事故の原因はヒートショック。急激な温度差に人体が反応することで、脳卒中、心臓発作が誘発され事故に至るのです。

冬場の脱衣室の温度とリスク。家の断熱性能や気密性能など温熱環境に寄与する基本性能をしっかりと向上させ、冬場の健康リスクのない住まいを実現したいものです。

ちなみに、今住んでいる家の断熱性能を向上させるために有効な手段が「窓の断熱化」です。今すぐできるリフォームですのでぜひ脱衣室から始めてみてください!

センスBlog一覧ページへ >

スタジオセンス

〒753-0214
山口県山口市大内御堀六丁目4-15

Facebook Instagram line Youtube

TEL:0839345955

資料請求、お問合わせ

  • ペレットステーション
  • MADOショップ大内御堀店
  • 住宅診断
  • GAINA