スタジオセンス

センスBlog

家を建てる前に読んで欲しい本

住まいづくり入門

「家を建てよう!」
そう考えているあなたはもちろんのこと、いずれはマイホームをとお考えのあなたにも読んでおいて欲しい本をセレクト。言い出せば多数あるのですが、ここでは3冊に絞ってご紹介してきます。

 

①あたらしい 家づくりの教科書

こちらの本は昨年出版されました。建築業界の各分野で活躍されているエキスパートが、一般の方にもわかりやすい内容、切り口で住まいづくりのポイントについて解説している本です。
「住みやすさとは?」「建てるべき家のスペックとは?」「家づくりの優先順位は?」・・・
これまでありそうでなかった、家づくりの神髄が詰まった「教科書」がまさにこの本だと思います。ステキな写真やイラストも多く読みやすいのも魅力です。
これから家を建てる人にとって、住まいづくりを進めていくための大切な「モノサシ(基準)」を手に入れることになる1冊。本当に本当におススメです!

 

②スラスラわかる 断熱・気密のすべて

これまでに家を建てた人の悩みベスト3は「暑い」「寒い」「結露」。これらは家の基本性能が一定の基準を満たしていない、または、家として「断熱」「気密」「換気」「冷暖房」のバランスが悪いことが原因と考えられます。あなたが家の基本性能についてしっかりと理解することで、この悩みは解消できます。逆を言えば、無知なまま家を建てるとビルダーの言いなりです。。。家の基本性能の部分は若干取っつきにくいと思いますが、この本を読めば本の名前の通りスラスラわかりますのでご安心を!住宅技術評論家「南雄三」さんの本は専門家としての意見をストレート且つ理論的に解説されており、どの本を読んでもとても参考になりますね。

 

③+500円で自然素材の家が建つ!

「素材に対するこだわりはございますか?」という質問に対し「フツーでいいです」
「今の普通と昔の普通、どちらの普通がいいですか?」と再度質問すると「???・・・」
これはスタジオセンスにご来店いただくお客様と弊社スタッフとのやり取りの一例です。「今の普通=合板フローリングや塩ビクロス」「昔の普通=無垢フローリング・塗り壁」ですよね。今の住まいづくりは生産性や施工性を優先するあまり、化学物質を多用した、いわゆる「新建材」が疑いもなく多用されています。いつしか「自然素材=高価・グレードアップ」というイメージに。。。あなたが子どものために選ぶべき素材について、その考え方や効果についてわかりやすく解説されていますのでぜひご一読ください。

 

後悔しないマイホームを実現させるカギは、自身が建築の正確な知識を持ち、工法や素材・依頼先など、正しい選択をしていくことだと思います。そう言った意味でも、家づくりの入り口で建築の「良書」に出会うことには大きな意味があると思います。
尚、ここにご紹介した本はスタジオセンスには常設しています。ご興味のある方はお気軽にお声掛けください。

センスBlog一覧ページへ >

スタジオセンス

〒753-0214
山口県山口市大内御堀六丁目4-15

Facebook Instagram line Youtube

TEL:0839345955

資料請求、お問合わせ

  • ペレットステーション
  • MADOショップ大内御堀店
  • 住宅診断
  • GAINA