スタジオセンス

センスBlog

マンション床の遮音性能

住まいづくり入門

マンションの床を張り替える時、気を付けないといけないのが「遮音性能」です。各マンションによって求められている遮音性能は異なりますが、一般的に「L-45」や「L-40」などの規定が設けられています。通常、管理組合に聞くと教えてもらえます。つまり、既存の床を張り替える場合、この規定に則って施工しなければならないということになります。ちなみに、L-○○の部分の数字が小さいほうが高い遮音性能を求められていことになります。

マンションは新築時、合板フロリーングが張られていることが多く、仕上がりはこんな感じになっています。

これを剥がすと、マンション躯体のスラブと言われるコンクリートが姿を現します。

この状態から、このマンションの遮音性能をクリアするため「遮音材」を施工していきます。

この遮音材は実際に山口市黄金町のマンションで使用したものですが、無垢のフローリング仕上げに使えるだけでなく、L-45規定のマンション、L-40既定のマンション、どちらでも使える性能を持っています。この遮音材をスラブの上に敷並べるとこのようになります。

そして、この遮音材の上にフローリングを張ったら出来上がりです。こちらの現場は桧のフローリングで仕上げさせていただきました。

マンションの床の張り替えのポイントは「遮音性能」。しっかりと性能を守りながら無垢のフローリングで心地よく暮らせる環境を実現していただきたいと思います。

センスBlog一覧ページへ >

スタジオセンス

〒753-0214
山口県山口市大内御堀981-3

Facebook Instglam line Youtube

TEL:0839345955

資料請求、お問合わせ

  • ペレットステーション
  • MADOショップ大内御堀店
  • 住宅診断
  • GAINA