スタジオセンス

センスBlog

中古住宅と雨漏り

住まいづくり入門

中古住宅のご購入をお考えのお客様と物件の下見に行ってきました。築40年の木造住宅。初見、多少の経年劣化は確認できるものの外観はさほどコンディションが悪いとは感じませんでした。しかし、内部に足を踏み入れるとあちらこちらで雨漏りの形跡が・・・天井が完全に脱落している部分もあります。

の後、再度外部に回って屋根を確認すると雨の侵入経路がはっきりと確認できました。屋根は住宅の生命線と言っても過言ではありません。いくら内部をキレイにリフォーム・リノベーションしても、雨漏りで濡れてしまえば台無しです。

中古住宅購入時には、コストの割り振りの面からも「①最低限修繕が必要な箇所(マイナスをゼロにする作業)」と「②住みやすくリニューアルする箇所(ゼロをプラスにする作業)」に分けて考える必要があります。仮に①に多額の費用が必要となれば、②まで予算が回せないということも考えられます。今回のお宅は室内から雨漏れがハッキリと確認できましたが、中には「隠れ雨漏り」のある物件もありますので要注意です。隠れ雨漏りとは、室内から天井・壁に雨漏りの形跡は確認できないが、小屋裏(天井の上)を調査すると木材が濡れた跡がある場合などです。

いずれにしても、中古住宅購入前にはしっかりと屋根周辺や小屋裏のコンディションチェックすることをお勧めします。屋根の改修は多額の費用が必要になることも多々ありますので、購入後に不具合が発覚し後悔するということがないようにしていただきたいと思います。

ホームインスペクション(住宅診断)のサイトもご覧ください↓

センスBlog一覧ページへ >

スタジオセンス

〒753-0214
山口県山口市大内御堀981-3

Facebook Instglam line Youtube

TEL:0839345955

資料請求、お問合わせ

  • ペレットステーション
  • MADOショップ大内御堀店
  • 住宅診断
  • GAINA