読み込み中

スタジオセンス

施工事例

現場レポート

新築住宅

[下松市]青葉台

下松市青葉台の家

【現場レポート.01】17.06.19

まずは縄張りという作業をして、敷地に対する建物の配置を確定させます。今回の敷地は道路のレベルよりも少し高いため、敷地へのスロープ計画や駐車計画を踏まえて建物位置を決定しました。

【現場レポート.02】17.08.05

今日は天候にも恵まれ地鎮祭を執り行いました。いつものことですが、神主さんの祝詞を耳にすると気が引き締まります。弊社からも棟梁と現場監督の私が列席させていただきました。

【現場レポート.03】17.08.21

まだまだ暑い日が続いてますが、いよいよ基礎工事スタートです!外周部の基礎部分に「捨てコン」といわれるコンクリートを打設しました。家の精度は基礎によって決まると言っても過言ではありません。職人としっかり打ち合わせをしながら作業を進めてきます!

【現場レポート.04】17.08.24

基礎配筋中です。今回の住宅も長期優良住宅ですので、その基準に合致する配筋(鉄筋の大きさやピッチ)で作業は進んでいます。水道の給水や排水もこの段階で仕込みをおこなっていきます。

【現場レポート.05】17.09.13

基礎工事が無事完了しました。上棟に向け柱や梁などの構造材が現場に搬入されました。木材はもちろん「優良県産木材」を使用。地元で育った木が地元で使われる。スタジオセンスでは住まいづくりの中で、地産地消できるものは率先してお客様にご提案・ご提供しています。

【現場レポート.06】17.09.14

ホウ酸系防蟻材「エコボロン」を土台に塗布しています。土台を施工した後だと、基礎側の面に塗り残しがでるので、このタイミングでしっかりと施工します。この作業もお客様にご安心いただくスタジオセンスの品質基準です!

【現場レポート.07】17.09.18

台風のため1日先延ばしにした建前。今日は台風一過で本当に気持ちのいい天候になりました。現場では木を叩く乾いた音が心地よく響いています。

建前作業も終盤。一番最後にお施主様に「棟木」を納めていただき上棟完了です!ご主人様とお子様の共同作業。ご家族の思い出に残る上棟になれば嬉しいです!

上棟後は近隣の方々をお招きし、盛大に餅まきを行いました!スタジオセンスの上棟式では過去最高ではないかと思うほどの人にお集まりいただきました。

【現場レポート.08】17.09.22

今日は「屋根仕舞い」をおこなっています。タルキと言われる屋根下地の上に外張り断熱材を屋根に施工。更にその上に野地板と言われる板を打ち付けています。

【現場レポート.09】17.10.03

石州防災瓦がきれいに葺きあがりました。今回の瓦は「S瓦」と言われるもので、洋風なお住まいにお似合いです。

【現場レポート.10】17.10.03

内部も電気配線やサッシの取付、給排水配管工事と進んでいます。仕上がってしまうと見えない部分だからこそ、しっかりと打ち合わせ・確認作業をしながらというのが大切です。電気配線もこのタイミングでお客様に一度チェックしていただき、変更点があれば修正していきます。

【現場レポート.11】17.10.09

今日は中間検査です!写真は電磁波測定をしているところです。緑色のシートが導電性シート・スパンボンドです。電磁波対策は寝室や子ども部屋など、主に2階の居室を対象に施工していきます。→電磁波についてはこちら

壁の計測値4.5V/mです。ちゃんと基準値25V/m以下であることを確認します。

シートが施工されていない部分(電気配線)を計測すると、、、117V/mの電場が出ています。大切なご家族の暮らす住まいです。目には見えませんが、健康障害を引き起こすものは無い方が安心して暮らせます。

今回は居室以外にも吹抜に面した、ご主人こだわりのシアタースペースを計画しています。こちらも電気配線が多く入っているので、電磁波対策を施していきます。

そしてもう一つ、中間検査の目玉である気密測定です。お施主様はスタジオセンスの住まいづくりにとても共感していただいており、サッシや家の形など、すべて性能重視で決めていただきました。ですのでどんな結果が出るか、測定中はドキドキでした。結果は、、、

出ました!隙間相当面積C値「0.1」!!スタジオセンスの新築でもトップクラスの結果を一発で叩き出しました。これもお施主様の性能へのこだわりとスタジオセンスの技術があったからこそだと思います。中間検査も無事終わり、あとは仕上げまでしっかり工事していきます。

【現場レポート.12】17.10.28

気密測定、電磁波測定といった中間検査を終えると現場は内装仕上げ、外装仕上げ工事に入ります。仕上げに入るとどんどん空間がはっきりしてきてお客様のイメージも出てきます。現地で細かい部分の打ち合わせをしながら進めていきます。

【現場レポート.13】17.11.14

内部仕上げも進んでいき、本日は造作建具の採寸をしてもらいました。スタジオセンスではおなじみとなった杉羽目板の造作建具。珪藻土や無垢フローリングとマッチした素敵な建具が出来上がる事と思います。

外部は足場を解体しています。今回はサイディングの板間コーキングを無くしたコーキングレスの外装材を使用しています。壁面積が大きく、継ぎ目がないのでとても迫力のある外観になっていると思います。完成が楽しみです!

【現場レポート.14】17.12.02

外部も仕上がってきて、いよいよ内部は珪藻土の打ち合わせです。ご主人様も楽しみにされていました。珪藻土はスタジオセンスおすすめの北海道産珪藻土。人間にとっても住宅にとっても快適な湿度にコントロールしてくれます。塗ってくれるのはもちろん左官の伊藤さん。独特な話し方と豊富な知識で今日もお施主様とパターンや色を決めていきます。今回はご主人のちょっとしたご要望もあり、本当に出来上がりが楽しみです!

下地処理も壁紙の場合は2回程度で終わりますが、珪藻土の場合は4回は処理していきます。これだけ入念に下地をつくってもひび割れのリスクはあります。(※ひび割れても見た目だけの問題で、性能や構造に問題はありません。)

【現場レポート.15】17.12.11

お引渡しまであとあとわずか!今日はガス給湯器の取付を行っております。オール電化の進むなか、料理や湯沸しはやっぱりガスがいい!という方も多いです。どちらが良くてなにが悪いということも無いですが、こだわって住まいづくりができるのは幸せなことだと思います。

玄関ではポーチタイルを施工してます。内部とのバランスを考えながら、1枚ずつ丁寧に貼っていきます。

内部ではクロス張りの最中です。クロスも個性的な柄をお選びになったので、仕上がりがとても楽しみです!

【現場レポート.16】17.12.19

内装も仕上り今日は美装工事をしております。いつもお願いしている美装屋さんで窓の1枚1枚を丁寧に拭き上げていただきます。床にはハチミツと蝋でつくった蜜蝋ワックスを掛けていきます。

【現場レポート.17】17.12.21

お引渡し前となりペレットストーブの設置です。お施主様はこのペレットストーブを導入したくてご新築を決められたほど大切な工程です。機種は輻射式の中間機「RS-4」です。お湯も沸かせる人気の機種です。ストーブ設置が終わり炎を灯すと、完成写真の撮影です。毎度おなじみのカメラマンさんに完成写真を撮影していただきます。完成が楽しみです!

【現場レポート.18】17.12.22

お引渡し前日の今日は各測定をしております。上の写真は空気測定(ホルムアルデヒド)の測定を行っております。スタジオセンスは自然素材を中心に住まいづくりをご提案しております。こういった自然素材には有害物質は入っておらず人にやさしい建材です。当然、基準値以上の数値は出ません。そして下の写真は電磁波測定の測定値です。寝室や子ども室といった対策をさせていただいたすべての部屋で数値をみます。こちらもバッチリ施工されており基準値(25V/m以下)となっていました。

そしてこちらの住宅の目玉、シアターセットの設置です。吹き抜けや観覧スペース、音響配置などこだわりの多い空間となっています。熊本からきていただいた業者様ですがスムーズに設置完了し大迫力のシアターが楽しめます!


ギャラリー


現場レポート

新築住宅

戸建てリノベ

マンション

各種リフォーム

店舗

  • ほっと整体はり灸院

    ほっと整体はり灸院

    店舗

  • 山口市元町の家

    山口市元町の家

    マンション

  • 山陽小野田市厚狭の家

    山陽小野田市厚狭の家

    新築住宅

  • 山口市大内長野の家

    山口市大内長野の家

    戸建てリノベ

  • 山陽小野田市揥山の家

    山陽小野田市揥山の家

    新築住宅

  • キレミカ山口店

    キレミカ山口店

    店舗

  • 山口市仁保中郷の家

    山口市仁保中郷の家

    戸建てリノベ

  • 宇部市川上の家

    宇部市川上の家

    新築住宅

施工事例一覧はこちら

スタジオセンス

〒753-0214
山口県山口市大内御堀六丁目4-15

Facebook Instagram line Youtube

TEL:0839345955

資料請求、お問合わせ

サイトマップ

新築

リフォーム

施工事例

家づくりの知識

安心保証サポート

会社案内

NEWS&イベント