読み込み中

スタジオセンス

センスBlog

山口市白石の家Vo.1(リフォーム)

現場最新レポート

山口市白石でリフォーム中のこちらのお宅。中古住宅を購入されリフォームのご相談をいただきました。ご家族が長い時間過ごすLDKスペースを中心にリフォームを行っています。

床については、フワフワするところはないものの、経年による日焼けやシミが染みついてしまっている状態。この床の上に一般的な無垢フローリングより薄めのリフォーム用(増し張り用)無垢フローリングを施工していきます。

ここで注意ですが、フローリングを増し張りする場合は既存の床材がフワフワしないか?また、踏むと凹むところがないかなどをチェックしてから計画する必要があります。その部分がしっかりしていないと、いくら上から化粧をしてもいい仕上がりは期待できませんので、そこの見立ては慎重におこないましょう。

一枚一枚、部屋の形状に合わせて張っていくフローリング。今回使用しているフローリングはラジアータパインというフローリング材で、比較的柔らかく、足の裏から温もりを感じることができるものです。

表面は浮造りフローリング。一般的なフローリングは表面を滑らかに仕上げてありますが、浮造りフローリングはあえて表目をこすることで、年輪の凹凸を際立たせているという特徴があります。

浮造りフローリングは、無垢特有のキズが目立ちにくい(木目方向の傷)、足裏に程よい刺激を与える、凹凸が滑り止め代わりになり高齢者や子どもの歩行が安全になるなどの特徴がありますので床材を選定される際にはご参考にされてください。

フローリングの施工を進めていくと、これまでダーク色だった床が白木によって明るいイメージに変わっていきます。パイン材は経年による色変化(飴色に変色)も楽しみのひとつ。フローリングが味のある色に変わっていくことと思います。

この後、壁と天井のクロスを貼り替えてこの部屋のイメージを一新。家族の笑顔が絶えない明るい雰囲気のLDKに生まれ変わります!

センスBlog一覧ページへ >

スタジオセンス

〒753-0214
山口県山口市大内御堀六丁目4-15

Facebook Instagram line Youtube

TEL:0839345955

資料請求、お問合わせ

サイトマップ

新築

リフォーム

施工事例

家づくりの知識

安心保証サポート

会社案内

NEWS&イベント