スタジオセンス

センスBlog

寒い家に住むと脳が老化するという事実

住宅で発生する問題

室内の温度18℃未満が続くと「心臓」「呼吸」「脳」などに様々な影響がでることをご存知でしょうか?

慶応義塾大学の伊香賀教授が高知県梼原町で約1100人を対処に10年間調査したところ、室温18℃未満の家に住む人は、そうでない人に比べ、高血圧になる確率が6~7倍という結果が出たといいます。さらに、室温13℃の家に住む人の脳は、16℃の家に住む人より6歳老化していることもわかったというから驚きです。

またイギリスでは、過度に寒い家に住むことは「基本的人権の侵略」とされており、改善・解体命令が出るというくらい、寒い家と健康について真剣に取り組んでいる国があることも事実です。ちなみに、英国保健省の「イングランド防寒計画」では推奨温度が21℃。18℃未満で血圧上昇・循環器系疾患、16℃未満で呼吸器系疾患の抵抗力低下を示唆しています。

逆に、高断熱の暖かい家に住むことで、気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎など、様々な症状が緩和したという統計データーも存在します。暖かい家に住むことは、快適に過ごせるのはもちろんのこと、心疾患のリスク・夜間の頻尿減少・筋肉の衰えの抑制など、健康に関するリスクヘッジにつながることもわかっています。

これから冬本番。家の中の数箇所に温度計を置いて室温管理してみてください。また、熱の出入りが激しい窓の断熱を強化することは、投資金額に対する効果が大きいのでお勧めのリフォームです。

センスBlog一覧ページへ >

スタジオセンス

〒753-0214
山口県山口市大内御堀981-3

Facebook Instglam line Youtube

TEL:0839345955

資料請求、お問合わせ

  • ペレットステーション
  • MADOショップ大内御堀店
  • 住宅診断
  • GAINA