スタジオセンスの家づくり工法

快適な家にはこだわりの素材と安心の工法が欠かせない
いい家づくりをセンスの工法で

木造軸組工法

木造軸組工法(在来工法)は日本で古くから発達してきた伝統工法に近代の構造力学を取り入れた建築工法です。その材料に山口で
育った「優良県産木材」を使用します。JAS規格より厳しい試験を合格した構造体になり、1つ1つの柱等にナンバーが充てられている木材を使用します。

method img01

高断熱設計+施工

セルロースファイバー断熱は新聞紙(古紙)を再利用した木質繊維断熱です。一般的な充填断熱は大工さんが現場で詰めていきますが、筋交いや金物でなかなか手が入りにくく施工しづらいもしくは丁寧な人がやってくれれば、、といった施工精度に差が出やすいです。
センスが使用しているデコスファイバーはJIS認証品でもあり、専門の技術士が全棟施工します。職人による技術のばらつきを防いでいます。

そのセルロースファイバー断熱に加え、外断熱も施工するダブル断熱工法を標準としています。
2021年より断熱性能についての表示が義務付けられただけでなく、それまでの断熱最高等級4のさらに上で断熱等級5.6.7が新設されています。
スタジオセンスでは断熱等級6(UA値0.46)といった「冬期間の最低体感温度が概ね13度を下回らない性能」を標準としています。

method img02
method img03

❶セルロース断熱材
❷耐震パネル
❸防水紙
❹EPS断熱材
❺〜❾sto断熱

外壁STO

ドイツ製の撥水〜転がります。メンテナンス性にも優れており、他の壁材では定期的に必要なメンテナンスが、STOだと約20年間必要ありません。長期的に見ても大幅にコスト削減が可能です。

method img04

樹脂サッシ

YKK APの樹脂サッシ「APW330」を標準仕様としています。
熱伝導の低い樹脂枠を外側・内側と使うことでサッシから発生する結露を防ぎます。

冬の窓辺の表面温度/結露比較

アルミ(複層ガラス)

室外温度0℃/室内温度 24℃  ※試験値

method img05

APW®330

室外温度0℃/室内温度 24℃  ※試験値

method img06 1

スタジオセンスは「MADOショップ」としてykk apと直接の取引をしている珍しい工務店です。
窓リフォームはもちろんすべての窓がメーカーより入ってきますので高いコストパフォーマンスを実現しています!

●一般的なハウスメーカー

●スタジオセンスの場合

ホウ酸防蟻対策

劣化原因を防ぎ、強く長持ちする家を!

木造住宅の劣化原因は、1位が腐朽、2位がシロアリによるものだと言われています。不朽やシロアリの被害を受けると家の骨組みとも言える木材(構造材)に悪影響を及ぼしてしまいます。
そこで、重要なことはどのような方法で防蟻・防腐の対策手段を取り、家を守っていくのかということです。

防蟻・防腐は、法律で定められています。

住宅の防蟻・防腐措置は、建築基準法で定められています。「構造耐力上主要な部分である柱、筋かい及び土台のうち、地面から1メートル以内の部分には、有効な防腐措置を講ずるとともに、必要に応じて、シロアリその他の虫による害を防ぐための措置を講じなければならない。」(施行令第49条2)
ただ、その方法や使用する材料は、工務店やハウスメーカーに委ねられているというのが実態です。

木造住宅の劣化原因

  • ホウ酸系の木材保存剤を使用する!
  • 木材の内部まで浸透させる!
  • シロアリを寄せ付けない!

絶対自信のシロアリ対策「エコボロンPRO』

スタジオセンスでは、安全・強力・長持ちするホウ酸系木材保存剤の『エコボロンPRO』を採用しています。「ホウ酸塩」を主原料としたエコボロンPROは、揮発・蒸発をしないため、シックハウスの心配がありません。そのため、アトピー性皮膚炎の方、化学物質に過敏な方でも、安心してお使いいただけます。また、エコボロンPROで処理した木材は、乾燥環境にある限り、半永久的に効果が持続するので、保証期間も通常の薬害処理に比べ長めに設定されています。欧米ではスタンダードになっているホウ酸塩処理が、スタジオセンスがお勧めするシロアリ対策です。

method img08