スタジオセンス

外壁通気構法

外壁通気構法

木造住宅の強度を保つ生命線!

外壁通気構法は、構造体の軸組と外壁材の間に通気層という空気が流れる層を設け、土台近辺の換気口(基礎上部)から空気を取り入れ、屋根の高い部分にある棟換気から空気を排出させる工法をいいます。空気は温度差や気圧差などで流通するという特性を利用していますので、機械的なものは必要ありません。薪ストーブの煙が自然に抜けていく現象(ドラフト効果)と一緒の原理です。
木材は、乾燥状態を保持しないと、強度が弱くなり腐れを起こす原因となります。まさに木造住宅の生命線とも言える部分です。また、外壁と断熱材の間に通気層を設けることで、熱がダイレクトに室内に入ってこないというメリットもあります。
スタジオセンスの高性能自然派住宅「Chant」では、全棟外壁通気工法を採用。永きに渡り安心してお暮らしいただける木造住宅になるように設計されています。

■ 建物断面図

建物断面図イメージ

建物断面図作業イメージ1

建物断面図作業イメージ2

スタジオセンスの基本性能

木造軸組構法

外張り断熱工法

外壁通気工法

耐震構法

計画換気システム

オールアース

スタジオセンスの自然素材

無垢材のフローリング

メソポア珪藻土

天然クロス、接着剤

国産い草のたたみ

ホウ酸系防蟻(シロアリ)

安全な内装MOISS

TOPページへ

スタジオセンス

〒753-0214
山口県山口市大内御堀981-3

Facebook Instglam line Youtube

TEL:0839345955

資料請求、お問合わせ

サイトマップ

新築

リフォーム

施工事例

家づくりの知識

安心保証サポート

会社案内

NEWS&イベント