読み込み中

スタジオセンス

センスBlog

台風から家と暮らしを守る窓

センスコラム

皆さん、台風10号の被害はなかったでしょうか?事前の報道ではこれまでに経験したことがないほどの猛烈な勢力を維持したまま西日本に近づくとのことで、私たちは台風の接近に恐怖を覚え、その対策に追われたことと思います。

また一方で、実際に被害に遭われた皆様におかれましては、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い再建をお祈り致します。

さて、住宅にとって、台風被害の中で一番怖いのが窓ガラスが割れることではないでしょうか?万一ガラスが割れてしまうと、ガラス飛散による怪我はもちろんのこと、雨と風が室内に吹き込み家の中が水浸。家財が散乱して。。と悲劇を招きかねません。

そこで、今回ご紹介するのが飛散物から家と暮らしを守る窓辺の守護神「シャッター」です。しかも、ここ最近の商品として、より台風を意識した耐風シャッターという商品が発売されましたので、こちらを中心にご紹介させていただきます。

まずはこちらの動画をご覧ください↓
(画像をクリックすると動画をご覧いただけます)

いかがだったでしょうか?家の周囲に飛散物があり、それが万一窓ガラスめがけて飛んできたら・・・そう考えるとやはり窓辺の台風対策を考えておくことは大切なことなのかもしれません。

このほど、YKKapから発売された「耐風シャッターGR」は、風速換算62m/sの環境下、風下側で発生する風圧力(負圧)に耐えることが可能な商品です。標準シャッターの2ランク上の耐風圧性能を実現しているこのシャッターは、今後益々勢力や大きさを増していく台風にも対応することができるシャッターとして注目されてます。

また、2kgの木材が衝突しても飛来物が貫通しない飛来物衝突強度も持ち合わせているので安心です。

シャッターの幅が1,887㎜を超える大きなサイズには、シャッターを支えるための横桟と耐風ポール(脱着可能)が標準装備。強風でシャッターがたわんで外れるのを防ぐ工夫もされています。

商品ラインナップはこちら↓

手動操作はもちろんのこと、電動シャッターもありますので、しゃがんでのシャッター開閉がツラいとお考えのご年配者も安心してご使用いただけます。

シャッターは、台風対策はもちろんのこと、防犯対策・防音対策・省エネ対策にも効果を発揮。日々の暮らしの質を向上させてくれるアイテムともいえますね。

更に、既存窓に後から設置できるリフォーム用のシャッターがこちら↓
(画像をクリックすると動画をご覧いただけます)

様々な納まりの窓にも対応できる部材がある程度揃っていますので、こんな窓にもシャッター付けれるの?と思われる方も、まずはお気軽にご相談ください。

シャッターがつかない小さな窓には、こちらの防災安全ガラスが有効です。

ガラスの間に強度と柔軟性に優れた樹脂中間膜を挟み込んだ、破壊されにくい防災の複層ガラス。強風時の飛来物対策にも効果を発揮します。また、平常時でも防犯効果が高いガラスなので泥棒の侵入を防ぐことができ安心です。

「飛来物から家と暮らしを守る」

今回の台風接近は、窓際の安全対策を考え直すきっかけになる出来事になりました。そして、まだまだ本格的な台風シーズンはこれからといっても過言ではありません。今のうちからしっかりと住まいの防災計画を家族で話し合っておきたいものです。

センスBlog一覧ページへ >

スタジオセンス

〒753-0214
山口県山口市大内御堀六丁目4-15

Facebook Instagram line Youtube

TEL:0839345955

資料請求、お問合わせ

サイトマップ

新築

リフォーム

施工事例

家づくりの知識

安心保証サポート

会社案内

NEWS&イベント