読み込み中

スタジオセンス

センスBlog

ソウルの照明器具街がおもしろい!

センスコラム

現在韓国で開催中の冬季オリンピック。連日熱戦がテレビで放映され、日本人の活躍に興奮する日々が続いてますね。

ということで、、、今回は韓国ソウルにある「照明器具街」のことをご紹介します!

ソウルの街中に乙支路(ウルチロ)というエリアがあります。ここにはざっと歩いてみただけでも数百を超える照明器具専門店が並んでいます。全ての店を見て回ろうと思うと4~5日は必要なレベルです。

店の外から中を覗いてみるとこんな雰囲気。狭い店内にこれまた数百の照明が所狭しとディスプレイされています。店内に入るとこの通り。まぶしい限りです。。。

日本ではカタログで照明器具を選ぶのが主流ですが、韓国ではこのようなお店で照明器具を実際に見てセレクトする文化のようです。デザインは独創的なものが多くワクワクします。価格も日本製品より割安な感じがしました。

日本人が行って気を付けなければいけない注意点が3点。

まず一つは観光地ではないので基本的に言葉は通じません。通訳の人にアテンドをお願いする必要があります。

次に日本と韓国の電圧の違い。 韓国の電圧は110Vもしくは220Vで、220Vが主流です。日本に持ち帰ってLEDなどの電球に変えたりコンセントの形状を変えたりする必要があります。商品によっては日本の電圧に追従してくれないものもありますのでご注意を。また、基本的に保証という考え方も通用しないと考えた方がいいと思います。

最後に持ち帰りについて。お店で購入した照明器具を日本に空輸してもらうことは可能ですが、その分コストが掛かってしまいます。そのコストをカットしようと思えば持ち帰れる範囲で購入するのが鉄則かと思います。

ちなみに、以前こちらの照明器具街で購入した照明器具がこちら。アジアテイストのデザインと紙を思わせるシェード素材から放たれる優しい灯りに一目惚れしてしまいました、、、

この時は何とか持ち帰ることができましたが、やはり大き過ぎて電車や空港でとても苦労しました。。。

この照明器具は現在スタジオセンスのリノベーションモデルハウス「奥湯田の家」のリビングで使用しています。想像通り、珪藻土の塗り天井との相性も抜群です!

お客様からの評判も良く、持ち帰った苦労は報われました!

ぜひ「奥湯田の家」にいらした時はご覧いただければと思います。

センスBlog一覧ページへ >

スタジオセンス

〒753-0214
山口県山口市大内御堀六丁目4-15

Facebook Instagram line Youtube

TEL:0839345955

資料請求、お問合わせ

  • ペレットステーション
  • MADOショップ大内御堀店
  • 住宅診断
  • GAINA