スタジオセンス

センスBlog

薪ストーブとペレットストーブの優位性比較

センスコラム

冬真っ盛りで寒い日が続いています。そんな冬生活の必需品といえば暖房器具。今回は同じ木質燃料を使用する「薪ストーブ」と「ペレットストーブ」のメリット・デメリットをご紹介していきます。

【薪ストーブのメリット・デメリット】


[メリット]
・所有の山などがあり薪割りなどできる環境があれば燃料費は0円
・炎の自然な揺らめきを楽しめる
・電源なしでも暖房できる
[デメリット]
・薪の保管場所が必要(結構面積必要です)
・薪割りなどの手間がかかる
・薪を購入する場合、調達に苦労する
・煙突から煙が出るので近隣トラブルに注意
・煙突工事や耐火工事など導入コストが高め

 

【ペレットストーブのメリット・デメリット】

[メリット]
・自動で燃料が投入されるので着火後は手間いらず
・煙がほとんど出ず、燃焼灰も燃料のわずか1%程度
・燃料の調達や保管が簡単
・消火作業もスピーディーなので安全
・FF式なので気密住宅でも換気バランスを崩さない
[デメリット]
・ファンや燃料自動投入のため多少の電気を使用する
・電気部品が将来的には壊れる(交換は可能)

それぞれのストーブのメリット・デメリットをご紹介してきました。あなたの生活スタイルに合わせて、どちらか適切なストーブをご選択していただければと思います。いずれにしても木質燃料ストーブはエアコンや石油ファンヒーターに比べ「暖かい」「環境にやさしい」「エネルギーの地産地消」などの効果が期待できます。我が家を暖めるアイテムとして選ぶなら木質燃料を使用する暖房器具がおススメ。ぜひその温もりや操作性を実際に体感していただければと思います。

ペレットストーブの魅力について紹介しているサイトはこちらです。ぜひご覧ください↓

センスBlog一覧ページへ >

スタジオセンス

〒753-0214
山口県山口市大内御堀六丁目4-15

Facebook Instagram line Youtube

TEL:0839345955

資料請求、お問合わせ

  • ペレットステーション
  • MADOショップ大内御堀店
  • 住宅診断
  • GAINA