設計士と一緒に家づくり

設計士とコーディネーターが
心ゆくまでお付き合い

architect img01

設計士が営業も兼任

通常、住宅会社の場合はまず、営業マンが接客をして、設計契約後に設計士と打合わせを行うのが一般的な流れです。
センスでは、初めのヒアリングミスを避けるために、デザイン設計士が初期段階から対応させていただきます。
設計士が見積もりのご提案から土地探しまでお手伝いしますので、土地の特性や、地盤の強度、日射の確認までを、プロが確認した上で設計に落とし込み、最適なご提案をします。
土地が決定しましたら、紙の平面図ではなく、毎回3D CADで、より立体的でどなたにも分かりやすいご提案をいたします。

architect img02

打ち合わせをしながら、その場で3Dを作り上げていきます。家具の配置や色味なども再現可能で、インテリアを考えるのもスムーズです。

architect img03

土地の良し悪しは素人には分からないものです。不動産屋では教えてくれないことも、センスでは、土地の日射や地盤など家が建ったことを想定しながら、土地探しのお手伝いをします。

間取り打合わせは3Dでよりリアルに

平面図だけで間取りの打合わせをするのが一般的ですが、センスでは、よりリアルにイメージしていただくために、毎回3Dで打ち合わせを行っております。電子レンジや冷蔵庫など現在使われている家電や家具の実際の寸法も3Dに取り込みながら打合せをしますのでより実際の住み心地に近い状態でのイメージになります。
この打合わせ方法によりイメージ通りの家づくりが可能です。

architect img04

打ち合わせ時の3D画像

architect img05

実際に出来上がった部屋

パッシブデザイン

パッシブデザインとは、特別な機械を使わず自然の日射や風を読みながら設計することで、
「夏涼しく、冬暖かい家づくり」を実現する設計技術です。センス設計士は、このパッシブデザインの技術を取得しており、
山口県の気候の特徴を考えながら設計しております。

passive Illust

3Dで実際のシュミレーション

architect img summer

夏の日差しのイメージ

architect img winter

冬の日差しのイメージ

夏の日射をさえぎり、冬の日射を取り入れる。
設計したお客様の家の日射も全て3Dで共有します。

インテリアにもこだわる

家づくりはただの箱づくりではなく、お客様のイメージやご要望、住まい方などを聞き取りしていくことから始まります。
「こんな家にしたい」「照明やその配置にこだわりたい」「北欧の家具が好き」などなど、要望を余すことなくお伝えください。
センスの設計士とコーディネーターが、照明や家具など、インテリアをトータルでご提案します。

architect img06
architect img07

ご自宅でも
3Dイメージを確認!

architect img08

お施主様は、毎回打合わせした内容を
ご自宅でアプリの3Dで確認可能です。
悩んでいたことなどじっくり家族で
ご相談ください!